プラエリアってそもそも何?

プエラリアは、植物のことで、正式にはプエラリアミリフィカといいます。
プエラリアは、ミャンマーやタイ北部などの温帯地域に自生するマメ科クズ属の植物です。イソフラボン誘導体が含まれており、その含有量は大豆のほぼ40倍です。赤いグワオーデン、黒いグワオーダム、白いグアオークルアの3種類が有るとされています。

 

この植物にはエストロゲン様作用を持ち、イソフラボンよりも強力な活性効果のあるミロエステロールやデオキシミロエステロールが含まれ、 女性の美肌作用や胸を大きくするバストアップ効果があるサプリメントとして民間で市販されています。

 

大豆イソフラボンが女性ホルモンに作用することは医学的に示されているので、プエラリアもバストアップに影響がある栄養素とされています。
プエラリアは事実上、よく効くバストアップサプリの代表格といえる由縁です。

 

プラエリアってホントに効くの?

大豆イソフラボンが女性ホルモンに作用することは医学的に示されているので、プエラリアもバストアップに影響がある栄養素とされています。プラエリアには、エストロゲン様作用を持ち、イソフラボンよりも強力な活性効果のあるミロエステロールやデオキシミロエステロールが含まれているので、医学的にはバストアップに影響はあります。

 

ただし、実際にバストアップできた人とそうでない人には、わかれるようです。これは、バストアップ=プエラリアということではなく、飲み始めた年齢、遺伝性の有無、食生活やストレスなどの生活環境にも影響されるということのようです。

 

プエラリアが意味なしと揶揄される由縁でもあります。プラエリアがバストアップにまったく効かないということはないですが、人それぞれの環境によって成果は異なるということのようです。

 

プエラリアはバストアップの一因となる可能性がある、くらいの認識が正解のようですね。

プラエリアを試すなら、若いうちのほうが効果が高い

女性ホルモンは、女性らしさを保ち、子孫を残す機能を授けられる以外に、一人の人間として生きていく上に必要な多くの効果がもたらされています。たとえば、骨、血管、筋肉を強くしたり、脳や神経の働きをよくしたり、肌や髪を艶やか にしたりさまざまに働いているのです。健やかに、そして女性らしく美しく生きるために女性ホルモンは大きな役割を担っています。

 

女性ホルモンの分泌は25歳くらいがピークで、30代前半を過ぎると徐々に減少し50歳前後に閉経を迎えます。 年齢をとるにしたがって当然、女性ホルモン=エストロゲンの量が減少してきます。

 

プエラリアは女性ホルモンに作用します。プラエリアを試すなら、女性ホルモンの多い若いうちのほうが効果が高いといえます。人による効果はあるものの、効果がある人にとっても、10代〜20代くらいまでが試すことができる期間だと考えたほうがよさそうです。

 

 

結局どのバストアップサプリがいいの?

プエラリアはいつ飲むの?

プエラリアはいつ飲むタイミングも女性ホルモンの周期に合わせて考えられます。

 

もちろん適量以上を飲むことはよくないですが、効果の少ないときに飲む量を減らすことで節約が可能です。プエラリアは効果があるのに高いですので、節約術も覚えておいたほうがお得です。

 

生理から2週間は20〜50とエストロゲン量は低い値です。その後、排卵期を迎え、100〜200に上がっていきます。排卵後は、プロデステロンの分泌量が上昇してきます。この間のエストロゲンは、70〜120と高い分泌量になります。

 

これに合わせて、生理から3週間の間はプエラリア適量を飲み続けます。そして、生理から3週間後から次の生理までの間は、プエラリアの飲む量を減らすことで節約ができます。また、生理痛がひどくなる場合には、生理が始まってから4日間は飲むのを控えた方が良いです。

 

 

結局どのバストアップサプリがいいの?