「おっぱいながし」のやり方

神藤先生の「おっぱいながし」のやり方です。

 

「おっぱいながし」は、全身に流れているリンパの流れを良くするマッサージだそうです。

 

入浴前に両手・両脚ともそれぞれ30秒程度行うとのことです。

 

 

「両手・両脚の指先から付け根に向けてこすり上げる」

 

これだけです。

 

おっぱいながしのあとは、おっぱいはずし⇒おっぱいゆらしを続けて行う。3ステップ式です。

 

おっぱい体操の準備段階でするとバストアップ効果があるようです。

 

 

できればシルク100%の手袋を用意してやったほうがいいらしいです。
(肌触りが良く、女性ホルモンを活性化するのに適しているから)

 

おっぱいは、乳腺とそれを保護する脂肪からできているので
バストアップさせるには、乳腺を発達させて、脂肪を増やします。

 

乳腺の発達に欠かせないのが、女性ホルモンで、リンパ液の流れをよくすることで、女性ホルモンの分泌が促されるそうです。
これは体中のリンパを刺激し、女性ホルモンを活発にすることで、乳腺の発達を促す効果があります。
手足の末端から中央に向かってこすりあげるようにするよいらしいです。