乳房の発育って?

乳房の発育についてはある程度、段階があります。
乳房は思春期になって発育を開始しますが、個人差があり、医学的には問題がないようです。

 

7〜11歳ころ

思春期の始まりである7〜11歳ころから乳房の発育が始まります。
、これは卵巣からの女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えて乳腺組織の発育が始まるからです。

 

はじめの変化

まず乳輪が大きくなる、乳輪が少し濃くなる(色素が沈着する)、乳輪の下にこりこりした組織(乳腺組織)ができる、などの順番です。

 

左右の発育

初期の段階では左右の乳房が必ずしも同時に発育するのではないので、片方だけがこりこりとして痛みがあることもあるので心配することはないのです。その後乳腺が発育していきますが個人差が大きいのです。

 

18歳ころ

18歳ころには成人型となり、ほぼ左右均等になりますが、どちらかいえば左がやや大きいことが多いです。

 

 

美容上の理由から悩んでいる思春期女性も少なくないのですが、悩みすぎは禁物です。

 

また思春期に激しい部活などをしていると、全体的に筋肉質で脂肪量は少ないので乳房の膨らみも小さい傾向もあります。

 

 

 

結局どのバストアップサプリがいいの?