豊胸手術のリスクは?

豊胸術には大きく分けて、3つと説明しました。

 

バッグを用いる人工乳腺法

 

ヒアルロン酸を注入するヒアルロン酸注入法

 

自分の脂肪を注入する脂肪注入法

 

 

バッグを用いる人工乳腺法のリスク

 

 

バッグを入れるのは、一番見栄えが変わりますが、やはり痛みとコストが避けられません。

 

人工乳腺法の費用は、大胸筋下法、乳腺下法、筋膜下法とも70万円以上です。

 

施術のリスクとしては、

  • バッグのサイズが合わない
  • バッグの場所がうまく定まらない
  • バッグの品質が悪い
  • バッグの入れ替えが必要になる場合がある

など、いろいろなケースがあり、そんなに簡単ではないようです。

 

 

 

ヒアルロン酸注入法のリスク

 

ヒアルロン酸注入法は、非常に簡単な豊胸手術とPRされていますが、やはり誤解があります。

 

何百CCものヒアルロン酸を強制的に体内に入れるのでから、サプリを飲むのとはわけが違います。

 

ヒアルロン酸注入法のリスクは、コストは50万〜100万程度です。

 

手術のリスクは、乳房にしこりが残る例が多いことです。

 

これは、脂肪注入にも言えることです。

 

 

 

脂肪注入法のリスク

 

脂肪注入法も、非常に簡単な豊胸手術とPRされていますが、やはり誤解があります。

 

ヒアルロン酸注入と同様に、手術のリスクは、乳房にしこりが残る例が多いことです。

 

 

 

 

 

 

豊胸手術は、最後の最後の手段!

 

豊胸手術のリスクは、コスト・痛み・健康とともにやはり小さくはありません。

 

胸を大きくするなら、自然に大きくなるのが一番です。

 

サプリメントなどからの栄養摂取、育乳ブラ、バストアップマッサージ、エキササイズ、姿勢の矯正、健康法など試せることがたくさんあります。

 

これらは自然で、サプリを購入したとしても、1万円程度で豊胸手術の100分の1程度です。

 

少なくとも40歳くらいまでは、女性ホルモンの関係上バストアップする可能性は残されています。

 

自然なバストアップは、最後までトライしてあきらめないことが大切です。

 

 

 

小さな胸の悩み、5つのやれること

 

バストアップサプリって効果あるの?