豊胸手術の後遺症問題

豊胸手術は体に異物を入れる手術です。

 

人間の体にはもともと、異物を拒否するという自然の力があるので、体の負担は必ずあります。

 

バストアップ手術を受けると、その部分がむくんだり、腫れます。
体が炎症を起こしているということですが、1ヶ月ほどすればたいていの炎症はおさまります。
脇を切り開いてバックを入れる手術の場合、突っ張ったような感じがあります。

 

胸にバックを入れる手術の大胸筋下法は、やはりかなりの痛みがある手術です。
薬が手放せないほどの痛みがあり、脇、胸に痛みを感じるだけではなく腕を動かす、横になる、寝起き時などに痛みを生じます。

 

バストが炎症を起こして、腫れた場合でも1ヶ月ほどすれば自然と炎症はおさまります。
2週間ほどで炎症がおさまるのが、脂肪注入法です。

 

 

しびれが残るケース

豊胸手術の後遺症が残る場合は、しびれが残るケースといわれています。

 

豊胸手術後の炎症に胸や乳首にしびれを感じることがあります。整形外科の手術は神経に触れないように手術をしていますが、しびれが発生してしまったらしびれが取れるまでしばらく炎症が残ります。

 

期間は短い方ですと数ヶ月、長い形になると1年ほど後遺症として残る場合もあるそうです。

 

 

感染症や血腫ができる

バストアップ手術後に、感染症や血腫ができる場合もあります。
切開手術をした時に血液の塊で血腫ができてしまうのです。

 

また、胸にバックを入れた時に傷口から感染してしまうこともあります。
感染症になってしまった場合は、残念ながら再び手術を行いバックを入れなおさなくてはいけません。

 

 

 

 

 

豊胸手術は、最後の最後の手段!

 

豊胸手術のリスクは、コスト・痛み・健康とともにやはり小さくはありません。

 

胸を大きくするなら、自然に大きくなるのが一番です。

 

サプリメントなどからの栄養摂取、育乳ブラ、バストアップマッサージ、エキササイズ、姿勢の矯正、健康法など試せることがたくさんあります。

 

これらは自然で、サプリを購入したとしても、1万円程度で豊胸手術の100分の1程度です。

 

少なくとも40歳くらいまでは、女性ホルモンの関係上バストアップする可能性は残されています。

 

自然なバストアップは、最後までトライしてあきらめないことが大切です。

 

 

 

小さな胸の悩み、5つのやれること

 

バストアップサプリって効果あるの?