豊胸手術の痛み

豊胸手術の痛みは、成功するケースでもあります。
手術ですから、体に炎症を起こすので、自然なことです。

 

炎症期間は、豊胸手術の方法によって違うようです。

 

バッグを用いる人工乳腺法

バストアップ手術を受けると、その部分がむくんだり、腫れたりすることがあります。
これは体が炎症を起こしているということですが、「1ヶ月ほど」すれば炎症はおさまりますので安心して下さい。

 

 

ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法

「2週間」ほどで炎症がおさまるのが、注入法です。
バストが炎症を起こして、腫れた場合は1ヶ月ほどすれば自然と炎症はおさまります。

 

豊胸手術の中で簡単といわれていますが、痛みはまったくないわけではありませんので注意が必要です。

 

 

 

豊胸手術は、最後の最後の手段!

 

豊胸手術のリスクは、コスト・痛み・健康とともにやはり小さくはありません。

 

胸を大きくするなら、自然に大きくなるのが一番です。

 

サプリメントなどからの栄養摂取、育乳ブラ、バストアップマッサージ、エキササイズ、姿勢の矯正、健康法など試せることがたくさんあります。

 

これらは自然で、サプリを購入したとしても、1万円程度で豊胸手術の100分の1程度です。

 

少なくとも40歳くらいまでは、女性ホルモンの関係上バストアップする可能性は残されています。

 

自然なバストアップは、最後までトライしてあきらめないことが大切です。

 

 

 

小さな胸の悩み、5つのやれること

 

バストアップサプリって効果あるの?