胸の形をよくするには

20代になって胸の形がくずれてきた気がする人って多いと思います。
加齢の影響で、20代後半からおっぱいの形が少しずつかわってくる女性が多いようです。
左右の胸の形や大きさも微妙に変化がでて不均等になってきちゃいます。

 

バストの形には皿型、おわん型、釣鐘形、三角形、円錐型などいろいろあります。
おっぱいの形を決めるのは乳腺組織の隙間にある脂肪の量なんです。
このスキマ脂肪があるほうが、いい形のおっぱいになっていくんです。
この脂肪って血液循環がいいほうにだんだんできていく性質があります。

 

バストマッサージや新陳代謝がバストアップやバストの形をよくするのは、これが理由なんです。なので、バストアップマッサージを行えば理想の胸の形が作れます。

 

血行をよくして、正しい豊胸マッサージをすれば効果があります。
またおっぱいを揺らすことで血液の循環が促進されて形や量に変化もあるんです。

 

でも揺らすといっても、あくまでマッサージ程度で十分。
はげしい運動は、バストを支える筋肉に負荷がかかりすぎて、おっぱいをたらしてしまったり、小さくしてしまうので、おっぱいにはあまりよくないといわれています。

 

バストアップマッサージやストレッチを毎日つづけましょう。バストアップ用のDVDが1つくらいあればいいですね。

 

大きくなるおっぱいマッサージDVD

 

 

結局どのバストアップサプリがいいの?