バストのハリがないのは?

バストのハリがない原因

 

バストのふくらみを形作っているのは乳腺組織、脂肪組織、クーパー靭帯と呼ばれる繊維の束の3種類です。

 

要は、バストを支えている筋肉ですね。

 

バストの下に垂れてハリがなくなってしまう原因は、次の2つにあります。

乳腺組織を支えているクーパー靭帯が伸びきってしまう
バストを覆っている皮膚の衰え

 

 

加齢、重力、激しい運動などによる刺激、妊娠・出産時ケア不足などがこれらを早めます。

 

たとえば、ノーブラで走ったり、過度に引っ張る刺激によって、乳腺組織やクーパー靭帯が痛められることがあり、下垂につながるそうです。
また、妊娠・出産時のトラブルとして、母乳をつくるためのホルモンが働いて乳房の内部組織に変化が起こり、あわせてバストボリュームが大きくなったり、乳腺炎などのトラブルが発生します。この時に乳房ケアをおろそかにすると下垂につながるそうです。

 

 

バストのハリがない時の対策

 

バストの内部を支えているクーパー靭帯に大きな負荷がかからないようにすること

 

基本的にはこれだけです。加齢や重力はどうしようもないので、出産ケア以外は、ブラジャーで保護するしかありません。

 

最近では、ハリを保護するブラジャー機能に加えて、バストアップも促進するいわゆる「育乳ブラ」も販売されています。

 

また、眠っている間にハリを補正し、さらにバストアップまでしてくれるブラジャー「寝ている間のブラ」も登場しています。

 

これらのブラジャーを意識的に使うことで、ハリがなくなるのを防ぐことができます。

 

 

 

バストのハリと色気を出すクリームってなに?

 

バストアップブラの育乳ブラ

 

寝ている間のバストアップブラ